2007年08月15日

戦争と犬猫の供出

今日は日本の終戦記念日です。
愛犬はもちろん、家族とか、自分の誕生日さえも忘れがちのぐうびるこ(自分のはわざと忘れようとしてる)ですが、
この日だけは忘れることはできない、忘れてはならない大事な大事な日です。
IMG_9146-B2.jpg




「お母さーん!」と叫びながら散っていったという少年特攻隊員や、人体実験のように頭上から原子爆弾を落とされた人々の体験した地獄の苦しみ、草を食べながら飢えて逝ったたくさんの『セッちゃん』たち
その他『合法的に』殺されていった数え切れない尊い命を思い、今の自分のふがいなさを見つめなおす日でもあります。
ときどき、『軍隊にでも入って訓練したほうがいいんじゃないの??』っていいたくなるような若者を見聞きすることもありますが、もちろん本当に戦争をすべきということではありません。



そして・・・・もちろん犠牲は人間だけではない。

戦時中には『犬猫の供出』というおぞましいことも、実際に行われたそうです。

IMG_8730-B.jpg



大日本帝国政府が発令した「犬猫供出命令」により、撲殺毒殺された犬猫は数万〜数十万匹と言われているそうです。
家庭でかわいがっている犬や猫を、『毛皮を集めて軍事用の防寒具を作る』という名目で
強制的に供出させられたのです。
そして各地の町内会が 警察や役所と協力して『犬の献納運動』等を行っていたというのです・・・・!

こちらをごらんください。→ NHKラジオ第1「犬の消えた日」




かえしてよ!.jpg


ここでも書かれていますが、日本人の特徴として「付和雷同を常とする集団行動癖」ということがあるそうです。
そして、信念に従おうとするあまりの過激性、過剰反応・・・。
そんな過激な人間がメディアにもいて、軍部の要求以上に人心を煽り立て、戦争へと向かわせたのかもしれないと、このコラムの主は書いています。


なんだか・・・・今現在も、この日本って、そうですよね?
テレビは、ことの重大性、優先順位を無視して、自分達が言いやすいこと、同じことを何度でも
繰り返し繰り返し、あきれるほど繰り返し報道し、
多くの人々がそれに煽られて大騒ぎし、ときには過熱報道により自殺者までも出る。
いわゆる『戦時』ではないけど、戦争の真っ只中にいるような怯えた気持ちの人はとても多いのではないでしょうか。

ひょっとしたら、あの頃から何も変わっていないのではないかしら。
ほんとに気をつけないと、
いざ戦争が始まったら。。。。 またも凶器と狂気の渦に巻き込まれるにちがいない・・・!!

常日頃から視野を広く持ち、さまざまなソースから情報を得て、自分の感性を磨き、自分で感じて、自分の頭で考える癖をつけておかないと。
さもないと、権力からの要求によって、とんでもないことに加担してしまうかもわかりませんしね。


かわいいパートナーたちの権利向上も、今のうちに、平和なうちにやっておかないと!




8月15日は終戦の日。
だけど公的には、祝日でもなんでもない。
なぜ?



永久に、この日が終戦記念日であって欲しいと願うばかりです・・・・





        「闘争本能・支配欲」とやらは、どうかスポーツで発散してくださーい!!
IMG_8745-B.jpg


(注)本文と写真はいっさい関係ありませんあせあせ(飛び散る汗)


                 
宜しかったらポチッとお願いします⇒ にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
 バニのカテゴリーもできました♪ごめんどうでも、こちらもヨロピク→にほんブログ村 犬ブログ バーニーズマウンテンドッグへ
posted by ぐうびるこ at 00:00| Comment(6) | アニマルライツ/動物実験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うんうん。
おじょーも日本のマスメディアの動向に戸惑いを感じることが多々あるわー。
時々、国民なんて最初から無視された何か特別な力が日本に、そして世界にあって、その特別な力によって近代の歴史が描かれているんじゃないかなと・・・小説の読みすぎかしらぁ。ふぅ
Posted by おじょー at 2007年08月15日 14:38
☆おじょーさん
わわっ
その見えない力って宇宙人ですかね?
アメリカの連邦政府は、すでに地球外生物と
タグを組んでるらしいって・・・
もう何をいってもムダなのかなぁ
ぐすん。
Posted by ぐうびるこ at 2007年08月15日 15:30
メリーちゃんのカテゴリーもできたのね^^はいはいポチポチ・・
(このポチの意味最近わかったんですがね^^;)

何かボーっと毎日を過ごしているのですがこの時期になると戦争を考えますね
「かわいそうなぞう」など動物にとっての戦争ものもありますし・・・

コラムの
「たいていの場合、勇敢で単純・積極的な意見は賛同されやすく、冷静で複雑・地味な意見は無視されがちである。そして単純な、わかりやすい表現は正確でないことが多い。たいていの事象は複雑であるからだ。」
という部分・・・日本人にありがちなことなんだと気づきました。
よかったちょっと今参考になります・・
有難うございます^^
Posted by ワンおばちゃん at 2007年08月15日 21:15
☆ワンおばちゃんさん
お手数ですぅ〜♪ぽちぽちありがとうございます。
世界から見ると、日本ってすごく内向きな話題ばかりですよね。紛争とか飢餓とか、外国では深刻な問題が起きているのに、ちっちゃなことで深刻ぶったりしていて。
この時期に毎年、戦争の悲惨さをレビューするのはすごく良いことですね。

このコラム、いいですよねー!
去年このラジオ放送について人から聞いて、検索したときに見つけたんですけど、その的確な表現に、思わず引き込まれてしまいました。「単純」には裏があるってこと、いつも気にとどめておこうっと。
Posted by ぐうびるこ at 2007年08月15日 22:49
単純で強そうな意見に先導されれば
今の日本はすぐにでも戦争へと進んでしまいそうだわ(@_@;)
娘が小学生のうちに広島の原爆ドームを見学に行きたいと考えています。
地元の学校の修学旅行はイベント重視でヒロシマへは行かない(>_<)

メリーちゃんの活躍も応援します♪ぽち
Posted by ロックの母さん at 2007年08月16日 15:43
☆ロックのお母さん
なるほど、
最近の学校は、人気とりが大事なんでしょうか?
海外からの見学者も増えてるようなので、
そのうち「えっ、日本人なのに原爆ドーム行った事ないの?」なんていわれるようになったり・・・・しないかなぁ
でも、

メリーに応援ありがとうございます♪

Posted by ぐうびるこ at 2007年08月17日 01:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
にほんブログ村 犬ブログ バーニーズマウンテンドッグへ にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。