2011年03月17日

危険区域内のサークルに取り残された黒ラブ


※※さらに追記:4月4日、ワグちゃんは動物レスキューの方によって保護され、無事に飼い主さんの元に戻ったようです!^^

※3月20日追記: サークル内には居ないことが確認可能性がでてきたたようです。
 早く、行方がわかりますように!      ↑(訂正)すみません、まだ未確認です


この非常事態に、犬の救出どころじゃないかもしれませんが


福島の原発危険区域内に
黒ラブ10才の男の子が、飼い主さんと一緒に避難できず
サークルに入ったまま取り残されているているそうです

飼い主さんの、いとこの方のブログです
↓↓↓

http://kazurinn.jugem.jp/?eid=1345





場所は福島原発の最寄り駅、原発からわずか3kmの場所
犬なので、避難用のバスに乗せさせてもらえなかったようです



関係者の方、自衛隊の方かどなたか
危険地帯に立ち入りのできる立場の方の
目にとまらないだろうか

サークルから出してあげるか
せめて、
フードを大量に置いてきてもらえないだろうかとの
悲痛な叫びです


なんとかならないものでしょうか
こんなペットたち、他にもたくさんいるのでしょうか



どうかワグちゃんに、救いの手がさしのべられますように・・・!!!



にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村
posted by ぐうびるこ at 00:44| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
mixiの日記にそのまま転記させてもらいました
Posted by ロック at 2011年03月17日 18:05
人命も犬も
同じ命です 出来る限りの事をするのが
当たり前っす! 人間が起こした過ちなのだから
Posted by タイソン主人 at 2011年03月17日 22:17
☆ロックさん
ありがとうございます
すでに、誰かが気づいて助けてくれているとよいのですが・・・。
Posted by ぐうびるこ at 2011年03月18日 23:14
☆タイソン主人さん
私も同感です
命に優劣はないと思います
そう感じる方が大半の世の中であれば、一緒にバスで避難できたのに、とつくづく残念でなりません…。
Posted by ぐうびるこ at 2011年03月18日 23:21
同じ命なのに・

本当に辛いです・
他にも
こうして 取り残された
ワンコは多いはず・
一日でも早く救出できる事を
願ってます!
Posted by ランまま at 2011年03月21日 09:49
☆ランままさん
自分だったら、絶対に残してきたりしない!って思う一方、もしも万が一、こんなことになったら、どうしよう…
後悔している飼い主さんたちの気持ちを思うと、涙があふれて仕方ありません。
ママさんも、こんな時にこんなことになってしまい、お辛いこととと思いますが、そばにいてやれる幸せをしっかりと噛みしめて気持ちを奮い立たせてくださいね…
Posted by ぐうびるこ at 2011年03月22日 11:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
にほんブログ村 犬ブログ バーニーズマウンテンドッグへ にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。