2006年04月14日

子育て日誌(3)

 生後2週間が過ぎ、目が開いて顔のシワシワが伸びてくると、ちゃんとかわいらしくなってきたので、嬉々としてたくさん写真を撮りましたが、動きがはげしく、あまりうまくいきませんでした。『ほぼ日刊イトイ新聞』SAY HELLOサイトのジャックラッセルテリアの写真をめざしたのですが、きっと、プロの人たちのように1日中子犬にはりついて、ただそれだけに集中してやらないと、無理なのだと強く実感。
 
事務所のパーテーションで仕切られた一角に、ケージをセットし、遊び場所も確保して子犬たち用のスペースにしたのですが、目が覚めるときゅんきゅんきゅん、だせだせと脱出の嵐。 身軽で足腰の丈夫なのは、ひょいひょいと壁をよじ登ってくるし、そこらじゅうにおしっこ・うんちはするし・・・・ 

 毎日雑巾しぼりに明け暮れながら、これでお給料がもらえたらなあ。。。と思ってしまいました。
 
 

 タジケテ〜!!    脱出作戦
    脱出失敗。           脱出大作戦。


   ガジ ガジ ガジ
 
 


  もー たいへん! 

               もう、そろそろ限界。
 
   あっちへ行って!       ナニ? コイツラ
   アイコからわが子を守る。  こいつら、なぬ??と思っているアイコ
 
 
どっちが ぬいぐるみかな?きみ だあれ?ボクの だいじなおにんぎょう なかよし? イジメ? わーい、ひとりじめだい


 
 離乳食は3週間たたないうちから開始。 本によると、ドッグフードよりも、はじめは単一の食材を与えるほうが、アレルギーにならないと書いてあったので、指示どおり 生の牛ミンチ肉をあげてみたら、喜んで食べたのでちょっとびっくり。
その後、おかゆにささみを混ぜたものを作ったりしていました。
 
その頃、はじめてアイコに子犬たちを見せてあげたら、始めはへんな生物を見るような目をして後ずさりしていましたが、子犬にじゃれつかれると、とてもおこっていました。
 
子犬たちは、本当に元気者ぞろいで、一日中 大騒ぎでした。

その中で、ただ1匹の女の子を、『メンタ』と呼んでいました。
一人でぽ〜っとお座りしていることがあり、おとなしくてかわいらしかったので、みんなかわいがりました。 今のジルです。
 
体が人一倍大きく、おなかにヘンな黒い十字の印がついている子がいて、『デビル』と仮名をつけて不気味がりました。 デビルは新しい飼い主さんのところで、ボビーくんになりました。 今は体つきもスマートで、素敵なワンコになっています。
デビルなんて言って、たいへん申し訳ございませんでした!

チビ、オージロー、ブーメラン・・・ みんな、懐かしいなあ。


 
 
 
 


 

posted by ぐうびるこ at 16:38| Comment(0) | TrackBack(1) | 出産と仔育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

子育て
Excerpt: 超短期用銘柄の選択法 *ザラ場でのターゲット選択法 *買いのタイミング *売りのタイミングの重要なポイント と4つのポイントに分け、手際よく参加の皆様によく解かるように ご説明をして下さり..
Weblog: 子育て 相談
Tracked: 2006-04-19 13:54
にほんブログ村 犬ブログ バーニーズマウンテンドッグへ にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。