2006年04月11日

ハナコの出産

去年の7月17日に、ハナコはジルとユウタたち兄弟6匹を生みました。
7月13日:出産4日前  出産2日前  はじめてのオッパイ
 
本当は、毎日ブログで成長記録を残したかったのですが、
仕事をしながら、ハナコと子犬の世話をしながらの状況では
写真を撮るだけで精一杯でした。
 
大事なわたしのあかちゃん     
 
事務所に産箱をおいたので、しばらくは毎晩仕事場で寝泊りしました。
子犬たちの目が開き、離乳が開始してからは毎日毎日掃除と洗濯ばかりでした。
おかげで仕事どころではなくなってしまいました。
 
なぜそんなことまでして、繁殖に踏み切ったのかというと、
ただ、愛犬の子どもがどうしても欲しかったからです。
2年間、考え続けた末の結論でした。 ハナコは3歳を過ぎていました。


  たしか、これがユウタです 
 
子犬の譲渡先は、知り合いだけに声をかけて、探しました。
知らない人に渡すのは、不安だったからです。
でも犬に対する考え方は人それぞれで、実は少し後悔したこともあります。
 
でも、ペット業者に渡さなかったのは、よい選択でした。
ビーグルの子犬は生まれたてのときから、

目も耳も開いていないのに箱から脱走しようとして、
私を驚かせたくらいです。 

(生まれたての子犬って、耳穴が開いていないなんて知らなかったので驚きました)
この子たちが展示ケースにひとりぼっちで入っている姿など、

想像もできませんでした。
 
ふだん脱走でわたしたちを困らせているハナコが、きゅんきゅんいいながら産箱を乗り越える子犬たちを不器用に口にくわえて箱に一生懸命戻そうとする姿は、おかしくて笑えました。
『飼い主の気持ちがわかったでしょ?ハナコ』って言ってやりました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

posted by ぐうびるこ at 18:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 出産と仔育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 犬ブログ バーニーズマウンテンドッグへ にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。