2008年11月01日

がんばれ☆ぱあこ

なんと、

うさぎのぱあこが、病気になってしまいました
先日、元気な様子をお伝えしたばかりだというのに…


首がかたむいたまま。
ずっと、首を左右にふら〜ふら〜と振っている状態。。。
いわゆる、『斜頚』

IMGP6148B.jpg

頭がかたむいているせいか、うまく歩くこともできない。
慌てて昨晩、動物病院に連れて行きました。
ぱあこ、生まれて初めての病院です。


  先生:『斜頚だね、瞳孔も開いちゃってるから、神経がやられてるね。』

原因は、細菌感染?
ストレス?
それとも単に加齢によるもの?

思い当たる節がある。
ここ数ヶ月、ぱあこのベランダに
ねずみの家族が出没していたんです。
フードを狙って。
小さい子ねずみ2匹は捕まえたんだけど(家の中も齧られたので)、大きい親ねずみ?はまだウロウロしてる。
自分のテリトリーを犯された上に、ごはんまで横取りされて、
かなりのストレスだったのかもしれない。



この7年間、今まで病気なんか一度もないのに!
乱暴者だけど、丈夫だけがとりえだったのに!

今朝のぱあこ、こんな状態↓


頭をゆらしてるの、わかります?
朝より夜の方が、症状が重いみたい



治療としては、

抗生物質と、神経を刺激する薬を、注射していただきました。
神経の薬は3日間、連続して接種したほうが、効果が期待できるとのこと。
これで回復するかどうかは、ぱあこ次第ですって。


ペレットを全然食べなくなったのが心配ですが、
キャベツや小松菜、たんぽぽの葉なんかは美味しそうにムシャムシャ。
食欲がないわけではなさそう。
よたつきながらも、結構動き回っているので、
すぐにどうこう、ということはなさそうだけども。

ウサギの寿命は、5年から8年くらいと言われていて、10年以上生きる子もいるそうです。
1月で7才になる、ぱあこ。
もう老齢うさぎなんだ。。。。

草食動物、特に小さな動物は、
人間がおかしいなと気付くときには
もう相当、具合が悪い状態になっていることが多いそうです


ぱあこ、ほったらかしにしていてごめんね
美味しいものたくさん食べて、頑張ろうね!


今から、2回目の注射を打ってもらいにいきます病院




posted by ぐうびるこ at 16:39| Comment(20) | うさぎ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ぱあこ、頑張れ!
また来るわ〜〜
Posted by ロックの母さん at 2008年11月01日 17:15
ばぁこちゃん
頑張って欲しいです
あんなに 元気だったのに・・
又きます! 
Posted by ランまま at 2008年11月01日 18:15
あらら、ぱあこちゃんどうした?
突然(じゃないかもしれないけど)つい前回元気にたんぽぽの葉っぱ食べてるところを見たばかりなのに・・・@@
お薬効いて、早く元気になってよ!
ぱあこガンバレ〜!!!
Posted by わんわんママ at 2008年11月01日 21:19
ぱあこちゃん、がんばって!!

私も、たんぽぽの葉が大好物って日記を、微笑ましく見ていたところだったのでびっくりしました。

とにかく、抗生物質がきいて、神経のお薬も効きますように・・・
遠い関西から、祈ってるからね!!
Posted by びぃすけ at 2008年11月01日 22:10
どうしたの??
なにかあったんだね
苦しいかな
がんばれ〜〜ばあこくん
乗り越えてほしい。。。
Posted by ワンおばちゃん at 2008年11月01日 23:29
こんばんは☆

ぱあこ君、、先日あんなに元気にムシャムシャしていたのに、、、、
ストレス性だったら、、お薬で回復しそうですが、、、
ウサちゃんの寿命はワンコよりも短いのですね、、、
でも、、、最近はワンコもニャンもみんな寿命が延びていますもの、、
ウサちゃんの寿命も延びていますよ!!
ぱあこ君、、頑張ってご長寿ウサちゃんになろうね!!
Posted by rudy-love-111 at 2008年11月02日 07:17
☆ロックくんお母さん
ありがとうです〜
ぱあこ、今日で3回目の注射を打ち終わりましたが、残念ながら状況は進展なしです
明日も通院する予定です
頑張ります!

Posted by ぐうびるこ at 2008年11月02日 21:35
☆ランままさん
ありがとうございます
ほんと、あまりにも急なことで、
びっくりオロオロしています・・・
ぱあこったら急に老け込んでしまい、浦島太郎みたい
ランままさんところのウサちゃんは
何歳まで生きましたか?
Posted by ぐうびるこ at 2008年11月02日 21:37
☆わんわんママさん
ありがとうです
ワンコでは考えられないような急変ぶりなの。
手足の爪をみて、少し年をとったかなあと思ってはいたけれど、見た目も子どもの時から全然変わらないし、毎日の食欲もモリモリでウンコも山のようにしてたのに・・・
ラビットフードは食べないけど、色々なご馳走を少しづt食べたがっているので(これって老人特有?)、出来る限りのことをしてあげようと思います!
Posted by ぐうびるこ at 2008年11月02日 21:44
☆びぃすけさん
おぉ、久しぶり〜
ワンちゃん元気?

ほんと、こんなことになるなんてショック・・・
まだまだ元気、と信じ込んでいたから
ぱあこ、もうたんぽぽは飽きたのか、
今日は、桜の葉っぱを食べました♪
注射は効かないみたい・・・
でも、もう1〜2回、延長してみます
心配してくれてありがとうね!
Posted by ぐうびるこ at 2008年11月02日 22:23
☆ワンおばちゃんさん
ご心配おかけします
一体どうしたのか、ぜんぜんわからないのです
調べると、斜頚はウサギにはよくあることで、原因もはっきりしないことが多いみたい。
ネットで検索すると『急に死んじゃった』という書き込みも多いです・・・
バランスを失って、コロコロと転がってしまったり、突然バタンと、気絶したみたいに行き倒れたりするので、心配です
せめて、これ以上悪くならないことを願ってます。。。

Posted by ぐうびるこ at 2008年11月02日 22:32
☆ルディママさん
こんばんは☆ありがとうございます
ウサギは小動物なので、かなり短命なんです
斜頚は、細菌によるもの以外は、その原因究明も、治療も難しいようなのです。
脳神経を損傷していることは確かなんですが・・・
ぱあこの場合は下痢をしているわけではないので、菌によるものではなさそうなのです
せめて美味しいものを、とぱあこが喜んで食べるもの探しに奔走しています・・
Posted by ぐうびるこ at 2008年11月02日 22:39
かわいそう・・・
ストレス溜まってたのかな。
早くよくなりますように。
Posted by ちゃまま at 2008年11月03日 04:46
☆ちゃままさん
心配してくれて、ありがとう
動物病院、変えることにしました
今まで、ぱあこの精神的負担を考えて
一番近い病院に通院していたんだけど
ちょっと知識的に疑問符?なので
いつも犬たちを診てもらってる病院に
相談したところ、いちばん気になってたことを
説明してもらえたの
今から、行ってきま〜す
Posted by ぐうびるこ at 2008年11月03日 15:49
ぱあこ君、主治医変えたのね〜
詳しい先生に診てもらって治るといね♪
Posted by ロックの母さん at 2008年11月04日 13:43
☆ロックくんのお母さん
何度もありがとう!
昨日、別の先生に診てもらいましたが
『いつ死んでもおかしくない容態』だって。
シクシク・・・
前の病院、看護婦さんもウサギ2匹飼ってるっていうから、もうちょっと詳しいのかと思ってたんだけど、医療の世界って色々と複雑なのよねぇ…
もう年だし、うさぎにあまり負担をかけないように気をつけたいと思ってます。
Posted by ぐうびるこ at 2008年11月04日 14:28
そうなんだ。。。
小鳥とかウサギは専門の先生を見つけるのは難しいよね。
ぱあこぉ〜応援してるから頑張って!
ぐうびるこさんも覚悟は決めつつも諦めないでね。
この先は好きなものを食べてのんびりできるといいね。
Posted by ロックの母さん at 2008年11月05日 13:01
ウサちゃんの事は何も知らないんだけど・・
ストレスでこんなに大変な事になっちゃうの?
このコメントを入れている間にも、もっと大変な事になってないといいんだけど。
ぱあこちゃんにぐうびるこさんの愛は伝わってるよね?
好きなものを食べて頑張って〜!!
これ以上悪くならないことを祈ります。
Posted by ジョーディーママ at 2008年11月06日 10:15
☆ロックの母さん
ほんとうにありがとうです
毎日、散歩のときもぱあこのために新鮮な
野草採集に精をだしてます〜
今の先生の診たてと自分なりに調べたことによると、ぱあこは生まれたときから(あるいは母兎から赤ちゃんの時に)エンセファリトゾーンという一種の寄生虫キャリアであった可能性があるみたい。
詳しく記事にして報告したいのだけど、
早朝と夜の看護(?)と
ちょっと仕事も忙しくなりつつあり、
なかなかまとめられませんの
明日も岡山に出張しなくちゃいけないのに・・・(汗)
仕事場の階下のコンビニが工事中で
音がうるさすぎて
ぱあこを連れてこれないのも
タイミング悪いし
・・・なんて今からぼやいてたら
この先思いやられるね(笑)

うぐちゃん(だっけ?)は病気しないですか?
うちの町に有名な小鳥のお医者さんがいるけど、予約と順番待ちで大変みたいです
できればお世話になりたくないですね
Posted by ぐうびるこ at 2008年11月06日 13:38
☆ジョーディーママさん
ご心配くださってありがとうございます!
ちょっと舌足らずな記事になってますね(汗)
ストレスでこうなる、という事ではなくて
病気発病のきっかけとして、ストレスなどで免疫力が低下してしまったことが影響している、と考えられるそうです。
ぱあこは私に買われてからはずっとひとりっこなので他の兎から細菌をもらうことはないはずなので、↑のコメントに書いたように、元々寄生虫に感染していたものが、老齢・精神ストレス・気候不順などの要因によって発病を誘引した、ということみたい・・・
検査ができないので、確定ではありません。
今は駆虫のできるお薬と、強制給餌。
これがまた、えらいストレスを与える作業でして・・・
あまりにもかわいそうなので、もう止めようかと思ったりもしてるんです
今のところ、自分で走ったり葉っぱ類を食べたりはしていますが、う〜ん、、、悪化してるかなぁ
喜んで食べてくれるものを探すことが、今の私にできる最良のことかな、と思って頑張ってます。
また時間をみて記事を更新するので暖かく見守ってくだしゃいませ。
Posted by ぐうびるこ at 2008年11月06日 13:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
にほんブログ村 犬ブログ バーニーズマウンテンドッグへ にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。