2011年02月24日

表皮嚢胞・毛包嚢胞



昨年の年末頃に、みなさまにご心配をおかけした勇太の背中(というより肩)のデキモノなんですが
あれから、少しづつ縦に横に成長してゆきまして、
そのうちに患部を覆っている被毛が立ちあがってみえるようになり
他の方からも、あれ?どうしたの?と気付かれるほどまでに目立ってきたものですから
(直径約1.5cm、高さ1cmほどに)
思い切って、切除手術をお願いしました。
同時に、前肢にもクリクリがあったのでそれもいっしょに、切ってもらうことに。


今月、2月の始めのことです。

で、病理検査の診断結果は・・・・

   ●右肩:表皮嚢胞(非腫瘍) 
   ●左前肢:毛包嚢胞(非腫瘍)

つまり、悪性ではありませんでしたわーい(嬉しい顔)
いわばニキビみたいなもの?
肩の方は、私が無理矢理、中身を絞りだそうとしたりして
膿んでしまったようです・・・・ ゴメン、ゆうた。

いや〜 あんなに大騒ぎしておいて、お恥ずかしい限りです


細胞診の結果で、予測できたはずだと思うのですが
簡単には確定診断しない主義の病院で、
診察のたびに担当医が変わったりしたこともあり
私も今一つ、ニュアンスを理解できなかった
余計な負担をユウタ(とお財布)にかけちゃったかなぁ・・・


ゆうた6.jpg
肩と腕の斜めキズが、コワイお兄さんみたいです・・・^m^




手術直後の写真:【肩部】
yu-ta.jpg


ゆうたの肩.jpg

【左腕】
ゆうたのつぎはぎ足.jpg


クリックで大きくなりますので、興味のある方はどうぞ。
切除肉片【肩】ホルマリン済↓
ゆうたの肉片2.jpg
ひっくり返したところ↓
ゆうたの肉片3.jpg
肉片(腕)
ゆうたの肉片1.jpg

表皮嚢胞・毛胞嚢胞 の説明

原因は体質で、これからもポツポツとできる可能性があるそうです・・・バッド(下向き矢印)


ところで今回意外だったのは、ユウタくんったら
初めてのエリカラを、おとなしく素直に装着していたこと!


退院するときに、『きっとエリカラ駄目だと思うから、腕を舐めて糸をはずしたりしないようによく注意してください』
って、忠告されてたんですけど






ゆうた1.jpg


ゆうた5.jpg

ゆうた4.jpg
まったく素直で無抵抗ちゃん。


ゆうた2.jpg
このまま昼寝もするし、ゴハンまで食べちゃう^^;




これには病院の人たちも、ビックリ
報告したら、おねいちゃん先生なんか
『えぇ〜〜〜〜っっ!!そうですかぁ〜!!!目exclamationexclamationexclamation×2
目ん玉ひんむいて驚くものだから
『ちょっと、センセ、びっくりしすぎ!』
と、注意いたしました 笑


ただし、エリカラつけたままジルコのお目目を舐め舐めしようとして
ウ〜ウ〜唸られてました〜 ^^;



ついでに歯もキレイに磨いてもらいました^^
ゆうたの白い歯.jpg



どうもみなさま、お騒がせしてすみませんでした<m(__)m>

今はもう、傷口もだいぶきれいになり、もちろん本犬も元気です^^

ありがとうございました。



にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
にほんブログ村

posted by ぐうびるこ at 01:22| Comment(14) | 動物の健康・食生活・医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 犬ブログ バーニーズマウンテンドッグへ にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。